どの処女にナマ出ししまくっても全然OK!な田舎町を読んだ

フリーセックスだった昔の日本が残る町は実在した!!「どの処女にナマ出ししまくっても全然OK!な田舎町」

↓↓即読んでみるならこちらをタップ↓↓

 

どの処女にナマ出ししまくっても全然OK!な田舎町のあらすじ

この漫画の主人公は一人旅中の30代の男(独身)。
電車の中で眠っていた主人公はとある田舎町にたどり着きます。
主人公が乗っていたのは最終電車だったので翌日の朝まで電車は来ません。

 

困り果てていた主人公に1人のかわいらしいJKが声をかけてきます。
彼女はその町にある民宿の娘でした。
彼女の家である民宿に泊まることになる主人公。

 

主人公がお風呂で汗を流していると、先ほどのJKが背中を流しにやってきます。
その姿というのが上半身はセーラー服の上着に、下半身はパンティの上にタオルを巻いたというかなりそそるスタイル。
そのうえ彼女は立派なおっぱいの持ち主でした。

 

背中を流してもらっているうちに、当然のことながら興奮してくる主人公。
性欲に負けてつい彼女のお尻を触ってしまいますが、意外なことに彼女は嫌がりません。
調子に乗って女の子の巨乳を揉んだり、自分のチ○コをこすりつけたりすると、彼女も感じている様子。
興奮が頂点に達してしまった主人公は風呂場でJKに生ハメしてしまうのでした!!

 

驚いたことにこの町には、古き良き日本のおおらかな性生活が今も残っているというのです!!
主人公はこの町に滞在することにし、お祭りでの乱交や「寝宿」での夜這いなどで生ハメ中出しをしまくることになるのでした…。

 

どの処女にナマ出ししまくっても全然OK!な田舎町の感想

この漫画を読んで思うことはただ一つ。
「こんな町が実際にあったら住んでみたい!!」
まあ、実際にはないでしょうけど。
でも、どこかにあってほしい!そんな気持ちになってきます。

 

この漫画によると盆踊りは、昔は集団ハメ祭だったとのことです。
明治より前の時代の日本では性についてかなりおおらかだった、ということはどこかで聞いていたのですが、盆踊りのことは知りませんでした。
でも、調べてみると本当のようですね。
昔はそういったお祭りの日は羽目を外してフリーセックス!ということが行われていたようです。
これはなかなかいいと思うので、ぜひ現代にも復活させてほしいですね♪

 

また、この漫画では「夜這い」のシーンも描かれています。
「夜這い」って、言葉自体がなんだかいやらしい感じですね。
暗闇にまぎれて女性のところにセックスをしに行くなんて、想像するだけでちょっと興奮してきます。
男だったら一度は体験してみたい、なんてこの漫画を読んで思いました。

 

そして、この漫画に登場する女の子たちはみんな巨乳なのも大きなポイントです。
男に揉まれてさまざまに変形するおっぱいの描写は、おっぱい好きなら大満足できるはずですよ!!

 

 

↓↓気になるならこちらをタップ↓↓